イタチから被害を回避する為に、対策を考えよう

駆除を行う

アライグマを駆除する理由とは

近年駆除対象となっている野生化したアライグマの数が増えてることが問題になっています。 元々アライグマはアメリカやカナダなどからペットなど飼育目的で輸入されましたが、かわいい容姿からは考えられない凶暴な面もあり、買いきれず山へ捨てたり、頭が良く、手先も器用なので逃亡したりすることが原因で数が増えることにより、人間の家の屋根裏を住処にしたり、畑で育てているスイカやトウモロコシなどを食べ散らかしたりする苦情が続出するようになりました。 このようなことにより、アライグマは特別外来生物として駆除する対象になっています。 アライグマを駆除するには害獣駆除業者に頼みきちんと駆除してもらうとこで二次被害も防ぐことが可能です。

アライグマの駆除を頼む際に気を付けること

近年、アライグマによるフン尿の悪臭、騒音などの被害が増加傾向にあります。アライグマは一見かわいい動物のように見えますが、野生のアライグマは凶暴な危険生物です。 アライグマは鳥獣保護法に指定されているため、だれでも駆除できるというわけではありません。免許を持った駆除業者がアライグマの駆除を行います。 しかし、有資格者が駆除を行ったとしてもアライグマの駆除はとても難しく、追い出してもまだ戻ってきてしまうケースもよくあります。完全にアライグマを駆除するためにはアライグマの知識だけでなく、建築物の知識も必要です。 アライグマの駆除を頼む際は、アライグマの知識はもちろんのこと、きちんと建築物の知識があり、戻ってこられないように出入口を封鎖することのできる能力があるのかどうかを確認することも必要です。