イタチから被害を回避する為に、対策を考えよう

專門の業者

日本で駆除対象となる生息するコウモリの種類

一見、コウモリと無関係に生活する人たちにいたっては人や生き物の血を吸う存在として、中南米や西洋にしか生息しないようなイメージかもしれませんが、南極以外のすべての大陸に生息しツンドラや極地以外の世界中に生息しています。日本には北海道以外は生息しています。血を吸う種は約1000種近いコウモリの中でほんの少しの種のみで実際は植物や虫を食べています。しかし、生活圏におけるコウモリという存在は法律上は保護動物でありながら、家屋に生息するネズミやアライグマと並んで困らされる存在です。コウモリ駆除を考えることになるほど注意が必要です。そのコウモリ駆除の対処となる種類はアブラコウモリといい、「イエコウモリ」と呼ばれています。そのコウモリは夏場に繁殖をするので特に難しい時期になっています。

家屋でのコウモリ駆除の対処方法

日本の家屋に住みつくコウモリはわずか数センチの大きさしかなく、2センチメートルほどの穴を侵入経路として入りこみます。天井裏だけでなく換気扇やエアコン穴からでも侵入されてしまいます。対処方法として忌避スプレーや超音波機という方法がありますが、保護動物なので許可なくコウモリ駆除することはできません。侵入経路である穴を塞ぐことが最良の方法になります。そのための時期はコウモリが活動する季節や夜間に作業をしなければコウモリを中に閉じ込めコウモリ駆除になりません。穴を塞がなければいつまでも戻ってきますし、さらに厄介なことにその大量な糞は狂犬病の菌を持っている危険があったり、さらなる害虫を発生させる原因になります。そのためコウモリ駆除を駆除業者へ頼む必要があります。